work name

海を望む傾斜地の家

discription

所在地:
和歌山県西牟婁郡白浜町
階数:
3階
構造:
RC造(ラーメン構造)
敷地面積:
465.24㎡
建築面積:
181.12㎡
延床面積:
313.95㎡
家族構成:
大人2人
海を望む傾斜地の家
  • 海を望む傾斜地の家
  • 海を望む傾斜地の家
  • 海を望む傾斜地の家
  • 海を望む傾斜地の家
  • 海を望む傾斜地の家
  • 海を望む傾斜地の家
  • 海を望む傾斜地の家
  • 海を望む傾斜地の家
  • 海を望む傾斜地の家
  • 海を望む傾斜地の家
  • 海を望む傾斜地の家
  • 海を望む傾斜地の家
  • 海を望む傾斜地の家
  • 海を望む傾斜地の家
  • 海を望む傾斜地の家

comment

青い海原を眼下に望む高台の邸宅。景勝地の風雅な眺めを住まいに取り込み、日常離れしたリゾートテイストとくつろぎ感を日々存分に満喫したい。そんな建て主の要望にお応えしたのが今回のプランでした。 まずポイントとなるのは高台の傾斜地を最大に活かした構造躯体とレイアウト。2階をみんなでくつろぐパブリックスペースと位置づけ、玄関とLDKを配置。一方、3階と1階にはプライベートスペースとしての個室や和室を配置し、家族が一緒に過ごす時間はもちろん、個々の時間も気兼ねなく過ごせるように配慮しました。2階のリビング続きにはRC造の強靭な構造を活かして幅4mものフロアデッキを張り出し、さらに2階3階の北西の壁面を開口にすることで、デッキにいる時はもちろん、リビングにいながらも雄大な海原の風景に溶け込むような開放感と安らぎを満喫できるようにしています。また、せっかくの景観を損ねないようにデッキの手すりには細いワイヤーを採用。さらに温泉を引いた浴室は2壁面全開口の岩風呂にし露天風呂のように楽しめる趣向にするなど、ぜいたくな時間と空間を普段着感覚で堪能できる工夫を満載しました。

recentworks

  • スクエア4
  • 空庭の家(SORANIWA)
  • Garage house
  • Layer house
  • fit house(深井の家)
backtolist
share
  • facebook on Studio REI
  • twitter on Studio REI